女性向けの育毛剤のランキング|自分の体調を把握することも大切

男の人

薄毛改善の主流の方法

ドクター

ヘアサイクルを改善できる

医療機関に行くことで受けられるaga治療は、プロペシアなどの治療薬を服用する方法となります。プロペシアは飲む育毛剤とも呼ばれており、1997年にアメリカ食品医薬品局の認可を受けており、それ以降世界的に普及したaga治療薬です。agaの原因は脱毛を促進させるDHTという男性ホルモンにありますが、プロペシアを服用することでこのDHTの生成を阻害できるために、ヘアサイクルを通常のものに戻すことができます。日本国内における臨床試験の結果では、3年間使用を継続した人の場合には70%以上の改善効果がみられたという報告があります。医薬品ということで一定の割合で性欲の減退や、倦怠感などの症状が現れることが考えられます。発症率は低いものと言えますので、安全性の高いaga治療薬として人気があります。

処方薬は2種類ある

病院の処方薬としてプロペシアとミノキシジルの2種類が認められており、これらの治療薬を服用することでaga治療が行われます。プロペシアは脱毛作用を食い止める効果のある治療薬で、現状の頭髪の状態を維持させることができます。プロペシアだけではAGA治療を完了させることができないことも考えられますので、同時にミノキシジルの処方を行う病院が多いです。ミノキシジルは髪の毛を作り出す毛母細胞に直接的に作用するために、細胞を活性化させることができます。毛母細胞の分裂が活発になることで、髪の毛を増やすことにつながります。ミノキシジルには血管を拡張させる効果があるために、血流が改善して頭皮に十分な栄養素を届けられるようになります。毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養が届けられることで、発毛環境を良くすることが可能になります。